福岡市:骨盤矯正(骨盤調整)、腰痛治療、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症etc...「正軆院」へお気軽にご相談ください。
福岡市:骨盤調整、腰痛治療、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
福岡の骨盤調整HOME

院長・スタッフ紹介

骨盤調整・骨格調整術とは

施術風景

ゴムバンド運動法

適応症

治療体験談

治療料金・受付時間

骨盤調整等に関するQ&A

当治療院へのアクセス(福岡)

掲示板

お問合せ
福岡の骨盤矯正 > 骨盤・骨格調整術とは
福岡の骨盤矯正:骨格調整・骨盤調整とは

骨盤調整・骨格調整とは

現代医学では、ほとんど認識されていませんが、
骨盤および骨格が本来あるべき位置にあるか否かということは、正に健康を左右する重大な問題なのです。何故なら、骨盤・骨格のあり方によって自然治癒力の働き具合が大きく変わってくるからです。

骨盤は3つの独立した骨が結合することによって構成されています。
この3つの骨の結合部は仙腸関節と呼ばれています。仙腸関節はほんの数ミリしか動かないにもかかわらず、自然治癒力に直結する大変重要な役割を果たしています。

骨盤矯正 福岡骨盤が変位して、ズレたままの状態でいると、仙腸関節は亜脱臼を起こしたまま癒着してしまいます。仙腸関節が癒着を起こすと、骨盤周辺の筋肉の動きが小さくなって硬直を起こします。すると硬くなった筋肉によって圧迫を受けた血管は萎縮し血流量が減少します。
そうなってしまうと生理活性機能は低下し、各組織での新陳代謝も低下し、徐々に自然治癒力はおとろえていきます。
慢性病の始まりです。
また、骨盤から脊柱(背骨)が頭部に向って立ち上がっています。
この脊柱の土台である骨盤がズレて傾くと、脊柱は背中でS字を描くようにクネクネと弯曲します。こうなると腰・背中・肩・首の筋肉に激しいストレスがかかり、痛みや不調が生じるようになります。同時に、背骨から出て各内臓器を支配している自律神経も働きが悪くなり、本人は気付かないまま、自律神経失調症と呼ばれる状態になってしまいます。これも、生活習慣病を代表とする慢性疾患を招くのです。
この様に骨盤・骨格のゆがみは腰痛だけでなく、様々な症状を招いてしまいます。
正に諸悪の根源と言えます。当治療院では、まず骨盤のズレを取り除くことを最優先に行ってから、背骨・手足の操作へと移っていきます。ここが他の治療法との決定的な違いです。

骨盤矯正 福岡以前から骨格を操作する治療法はありました。多くの治療法は背骨の矯正のみを行い、骨盤自体は動かないものとして無視してきたのです。しかし、骨盤は動きます。動く土台なのです。土台とは普通動かないものですが、骨盤は動く土台であるために扱いが難しいのです。しかし、土台を正さなければ症状は再発を繰り返します。

当院では先人達が約50年の時間をかけてつくり上げた骨盤・骨格を操作する技術に新しいアレンジを加えて、全身の血流改善に取り組みます。そして、不活性状態の自然治癒力を活性状態へと導いてゆきます。




ページ上部へ戻る

院長・スタッフ紹介 | 骨盤調整・骨格調整 | 施術・治療風景 | ゴムバンド運動法 | 適応症 | 治療体験談
施術料金・受付時間 | Q&A | 地図 | 掲示板 | お問合せ
福岡市:骨盤調整、腰痛治療、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
福岡市:骨盤矯正(骨盤調整)、腰痛治療、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症etc...「正軆院」へお気軽にご相談ください。